地球環境に優しい自然冷媒


東京都千代田区麹町1-3
ダイアンビル麹町ビル3F
電話 03-6261-3577

活動内容

ACTIVITY

HOME | ACTIVITY

活動指針”ノンフロン運動”

  • 1. 地球温暖化を加速させる「フロン問題」はわが国だけの問題ではなく世界各国が国際条約で締結している地球規模の課題です。
  • フロンは大気中に放出されると100年以上大気中に滞留する人工ガスですので、今以上にフロンの放出量が増加することで地球温暖化は増幅し、人類にとって危機的状況にいたります。
  • これまで「フロン対策」は冷凍空調機器業界および関連業界の問題として国も対策を検討してきておりますが「フロン対策」は、人類の生存にかかわる問題あり、現在冷凍空調機器を利用しその利便性を享受している日本国民全体の問題でもあります。
  • 本協会はこれらの視点に立ち、冷凍空調機器利用者(ユーザー)および設置関係者を会員とする“地球温暖化防止のためのノンフロン運動”を活動の柱とします。

フロン対策指導

Guidance

  • 2. 国は今後の「フロン対策」として、次の3点を提示し、指導にあたるとしています。これらの課題については冷凍空調機器および関連業界が専門的な立場で検討を積み重ねており、本協会としては対策を支援し、会員(ユーザー)と共に実行性を高める活動を実施します。
    • ① フロンの漏洩防止の徹底化
    • ② フロン類冷媒の回収処理(破壊および再利用) 
    • ③ 環境にやさしいノンフロン(自然冷媒)の普及・開発
  • とくに本協会が重視する今後の対策は
    • ① 建物等の解体工事時に大量に放出されるフロン対策の徹底化を国に呼びかける
    • ② 回収・破壊等の処理費用を国の支援により軽減できるように働きかけ実行性を高める。
    • ③ 現在、開発されているノンフロンガス(自然冷媒)の普及に合わせ、漏洩点検、フロン回収、処理(破壊および再利用)の作業を一括化する対策を検討する。

 

 

研修制度

Training program

  • 3. ノンフロン(自然冷媒)普及に伴う「安全基準」をEUの安全基準をモデルとして独自に作成し、これにともなう研修制度を確立する。この研修制度にはすでに実施されている設備事業者団体とも連携を図り、漏洩点検、回収、処理等の全般の技術習得も可能とする。
  • この研修制度を受講した者を「管理技術者」として本協会が認定する。さらにこの中から技術実習を受けたものを上級職の「マイスター」として認定、企業の要請をうけた場合は、その技術教育に当る。

手引書作成

Manual making

  • 4. ノンフロン(自然冷媒)普及のため「ノンフロンと地球温暖化」の手引き書を設備利用者(ユーザー)向けと設備関連事業者向けに作成、自然冷媒の普及と啓蒙活動として展開する。

 

コンサルタント

Consultant

  • 5. 3冷凍t以上の自然冷媒交換の都道府県への届書類制作についてのコンサル業務を実施し、会員への相談窓口を開設する。

2016年1月より

  • 6.自然冷媒を使用する「Sクラスステッカー」の有料配布をはじめます。